新型CX-5に試乗してきました

私は今「マツダ・CX-5」のディーゼルに乗っていますが、先日フルモデルチェンジした新型のCX-5に試乗してみました。

新CX-5はボディサイズが少し大きくなりデザインも変わりましたが、どこから見てもCX-5と分かるデザインは魅力的です。

今乗っているのはディーゼルで気に入っていますが、新型のディーゼルエンジンは多少音が小さくなって振動も小さくなったような気がしましたがあまり変わっておらず、そんなに進化したような気は正直しませんでした。

そしてガソリンエンジンに乗ってみましたが、これはとても乗りやすくてとても気に入りました。

ディーゼル車でも車内の音や振動は最近の車は大幅に改善してガソリンエンジンと変わらないとよく言われますが、ガソリンエンジンに乗ってみると、やはりガソリンエンジンの方が静かで振動も少なく快適な印象がありあました。

またディーゼルエンジンは低回転からトルクがでますので最初はパワフルな感じがしますが、速度息が上がるとそうではありません。

一方、ガソリンエンジンは回転が上がるとトルクが出てきますが、ガソリンエンジンを運転するとやっぱりこれだなあ、と思います。

そして新型のCX-5はインテリアの質感が大幅に向上しました。旧型もそんなに不満はありませんでしたが新型は高級車のようになってちょっとびっくりしました。下取り額もディーゼル車はいいようなので買い替えてみようかなあ、と考えています。

過去の車の苦い思い出・・・

以前、クーペタイプの中古車を購入したときに、あちらこちらからトラブルが頻発して、困った経験があります。

車が欲しくて中古車屋めぐりをしていたときに、お気に入りのクーペを格安で発見したのですが、何も調べず衝動買いしてしまったのがいけませんでした。今考えれば、年式が古いのだから気をつけるべきだったと後悔しています。納車時は特に問題なかったため、中古車屋から運転して家まで帰りました。

しかし、数日してまず車の乗り心地が非常に悪くなったのです。ちょっと段差があると、ボヨンとはねる感じでまるですごく揺れる電車のようでした。買った車屋で調べてもらうと、どうやらサスがやられている様子で、替えるのはもちろんお金がかかるとのことです。

当時はお金がなかったので泣く泣くあきらめました。そして、しばらく経つと今度はカーエアコンから異音が出て、壊れてしまいました。え、また故障?っと思ったのをよく覚えています。

壊れた時、夏だったので車の中はサウナになりましたが、これも直すお金がなく、我慢しました。その後もヘッドライトが故障したり、タイヤがすぐダメになったり、トラブルが次から次へ出てきました。そのため、すぐに乗らなくなってしまい、1年ほど後、タダ同然で売却しました。

その後は、これを教訓にして中古車を買うときは念入りに調べるようになり、試乗できるときはさせてもらうようになりました。

古い車を買うときは、トラブルはよくあることかもしれませんが、できるだけ後悔したくないものです。

昔のスーパーカーが今も大好きです

初めまして!幼い頃から車が大好きな、沖縄の那覇市に住む鷹です。現在、40歳になったばかり。残念ながら独身です。

今でも思い出します。1970年代に起こったスーパーカーブームで、スーパーカーを見に、わざわざ父に車に乗せてもらって、会場まで行ったものです。

私が大好きなスーパーカーはフェラーリの308GTで、色は赤です。

フェラーリには当時、512BBというのもあったのですが、私には大きすぎるような感じがして、それほど好きにはなれませんでした。フェラーリ308GTが私が大好きな車だったのです。

私はとにかく赤い車が大好きで、運転免許証を取ってから買ってもらった車も赤いフォルクスワーゲンのシロッコでした。それから、ニューヨーク生活が始まって、ニューヨークで買った車もアキュラの赤の車でした。

父は赤いトヨタのヴィッツに乗っていました。フェラーリの赤は特に美しくて、赤いフェラーリ以外は考えられないくらい赤が似合う車だと思います。ニューヨークのモーターショーに行った時も、真っ先にフェラーリのブースを訪れて、赤いフェラーリを見ました。

フェラーリの赤は赤の中の赤だと思うのです。今ではレトロな車になってしまいましたが、フェラーリの308GTは今でも魅力的なスタイリングをしていると思うのです。ヘッドライトが隠れているところも気に入っています。

まだ、エンツォフェラーリが生きている頃の純正のフェラーリの中では最も可愛らしいフェラーリだと思います。赤いフェラーリの308GTは永遠に私の憧れですし、Dinoと同じくらい貴重な車だと思うのです。いつか手に入れたいです。

これからも車中心の話になりますが、どうぞお付き合いください。